2006年05月19日

伝言ゲームってただ伝えていくだけのゲームがある。
「ただ伝えていくだけ」の事が「ゲーム」として成立するってことは、人に何かを正確に伝えることって難しいことなんだろう。いや、実際難しい。
伝えるってことは、それを発する者と受け取る者がいて、正確に発したとしても、正確に理解しているかはわからない。
まじめにやっても難しいのに、間に悪意があったり、適当に伝えてたり、その人の憶測や意見が入ってくると、最初の真実は随分と歪むものだ。

 ある人が言った。「私は噂って嫌いなんです。噂って本当のこととだいぶズレてることがあるから信じないんです。気になったときは本人に確認します。」って。あー、純粋な人なんだなって思った。すごくいい人。だと思う。でも世の中、いい人ばかりじゃない。

 自分は良かれと思ってやったことが、随分と歪んで噂になってる。どこをどう聞いたらあんなに歪むのか。しかもその噂好きの人間は、おもしろおかしく真実をねじ曲げてまで言いふらす。人が傷つくことなんか考えもせずに。おれだけじゃない。その噂に巻き込まれた人もきっといい思いはしないのに。だいたいおれが何したって言うんだ。

くそっ。絶対のし上がってやる。おれが何しても文句言わせないくらいのし上がってやる。おれは絶対あいつみたいにはならない。力があっても、下を罵倒したり、陥れようとするようなやつには。力があるからこそ、みんなに慕われる存在であるような。そんな人間になりたい。
posted by トリッピー at 02:39| 福岡 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。